オメガ スピードマスター キャリバー321 カノープスゴールド 957万円の2022年新作

65周年を祝う素材は、カノープスゴールドが伝統となるのか?

2022年になるやいなや、新作のスピードマスターが登場した。ブランドのフラッグシップであるキャリバー321シリーズの第3弾として、1957年のスタイルを踏襲した初のバリエーションが、このスピードマスター キャリバー321 カノープスゴールドだ。18Kホワイトゴールドにプラチナ、ロジウム、パラジウムを配合したオメガ独自のホワイトゴールド製で、社内での議論の結果、正しい発音は「クノーパス」であることが判明。新しいベゼルと文字盤を採用したキャリバー321 カノープスゴールドは、ムーンウォッチを再発明したというよりも、スピードマスターを裕福なコレクターだけのために貴重な新しい高みへと昇華させたと言えるだろう。

キャリバー321 カノープスゴールドは、ヴィンテージのCK2915-1の永遠の美をベースに、スピードマスターの65周年を記念した特別モデルで、オメガブティックでのみ提供される非限定モデルである。ケースとブレスレットはオメガ独自のカノープスゴールド製で、サイズは38.6mm。一見すると、既存のスピードマスター 1957と似たような仕上がりだが、870万円以上の価格差があるため、よく見てみると微調整が施されていることがわかる。

このネーミングを見れば、その一端は明らかだ。「321」と「カノープスゴールド」は、オメガコレクターを熱狂させ続けるムーブメントの搭載と、前述の特殊なホワイトゴールド合金の存在を保証している。しかし、それだけではない。ベゼルもカノープスゴールド製で、タキメータースケールを埋めるように初めてグラン・フー エナメル加工が施されている。オメガオタクたちにとってには嬉しいことに、ベゼルの目盛りは、ドット・オーバー90と70の斜め上に配されたドットの両デザインを備えている(これらはどちらもヴィンテージのスピードマスターベゼルにちなんだもの)。

次に、文字盤には超音波CNC加工機で丹念に削り出されたブラックオニキスを採用。ブラックDLCの真鍮プレートの上に、サブダイヤル、メインダイヤル、外部分リングをブラックオニキスで形成し、特別でありながらスピードマスターのデザインレガシーを受け継ぐ抜群の効果を発揮している。さらに仔細に見ると、カノープスゴールドPVD加工されたアプライドのアワーマーカー、ヴィンテージオメガのロゴ、ヴィンテージ風のフォント、そして18Kホワイトゴールドの針も確認できる。

【関連記事】:https://truxgo.net/profile/haerfdshop

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s